「King&Prince」(キンプリ)の元メンバー平野紫耀(26)の勢いが止まらない。

 7日にジャニーズ事務所元副社長・滝沢秀明氏が立ち上げた新事務所「TOBE」への合流を発表してから完全に同事務所に流れを持ってきてしまった。

 ある芸能関係者は「情報番組でも平野と神宮寺(勇太)の合流のニュースを取り上げるところが多い。ジャニーズに遠慮して報じないところもあるようですが、社会現象化していると言っていいくらい」。

 その勢いは平野が合流発表日に開設したインスタグラムにも表れている。わずか3日間でフォロワー数が290万人を突破しており、すでにキンプリのインスタフォロワー数約234万人を超えているのだ(10日現在)。

「実は、平野のフォロワーの中にはかつて自身がCMに出演していた企業の公式インスタグラムも入っているそうです。今ではテレビでは見なくなったCMですが、復活に期待する声は高まっています」(同)

 企業はタレント個人と契約するのではなく、所属事務所と契約を結ぶケースがほとんど。所属契約を解除されればCM契約も終了となるが、ジャニーズを退所したとしてもCM契約を結ばれることは当然ある。

「退所した山下智久だって出演しているCMを持っていますし、元SMAPの草なぎ剛、香取慎吾だってCMはあります。もちろんその企業とジャニーズ事務所との関係にもよりますが、タレントの勢いや存在感があれば平野にCMの話が舞い込んでもおかしくはありません」(同)

 5月22日にジャニーズ事務所を退所して、わずか1か月半。今後、どのような展開を見せるのだろうか。