ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’23」が26日、東京・千代田区の日本武道館でコンサートツアー「25th ANNIVERSARY CONCERT TOUR ~glad quarter―century~ at日本武道館」を開催した。

 同ツアーは3月のJ:COMホール八王子公演を皮切りに全14会場を巡り、千秋楽の舞台となった武道館では約9000人を動員。チケットを全完売させ、25周年を迎えた勢いそのままに会場を盛り上げた。

 この日は、5月に加入した17期メンバーのお披露目となった。井上春華(17)と弓桁朱琴(14)がそれぞれ初々しくあいさつ。メンバーカラーなどを発表すると、会場からは暖かい拍手が送られ歓迎ムードに包まれた。

 サブリーダーの石田亜佑美が「25周年の感謝の気持ちをパフォーマンスに込め、お届けします!みなさん、目いっぱい楽しんでください!」と熱く語ると、9000人の観客を前に圧巻のパフォーマンスを披露。1998年からの歴史を振り返っていく2度の20分超えメドレーを含め、全45曲を熱唱した。

新メンバーを加えて圧巻のパフォーマンスを披露した
新メンバーを加えて圧巻のパフォーマンスを披露した

 アンコールでは、新曲「HEAVY GATE」をサプライズで初披露。続けて同楽曲が収録された「モーニング娘。誕生25周年記念ベストセレクションアルバム」が、今年8月に発売されることも発表された。

 また「ハロー! プロジェクト」の新メンバーオーディションの開催も決定し、25周年を迎えても変わらず成長を続けていくことをファンに誓う。

 リーダーの譜久村聖は「結成25周年を迎えられたのは、応援してくださるみなさんのおかげです」と感謝の言葉を口にした。メドレー挑戦などを振り返って「1曲ごとに思い出がよみがえってくるんです。14人体制で頑張っていく我々をよろしくね!」と伝えるとメンバーで〝円陣〟を組み、手を重ね合わせて思いを1つにした。

 最後は「ここにいるぜぇ!」を熱唱し、ファンの大きな歓声の中でステージを後にした。