ドタキャンのうっぷんはリングで晴らせ! 格闘技イベント「RIZIN」の配信大会「LANDMARK vol.3」(5月5日)の会見がオンラインで行われ、倉本一真(35)が魚井フルスイングと対戦することが発表された。

 倉本は16日のケージ大会「RIZIN TRIGGER 3rd」で金太郎と対戦予定だったが、試合2日前に相手がぎっくり腰になったためまさかの中止。その後、早期の試合を望んでいたことを受け〝スライド参戦〟が決まった。

 会見に同席した榊原信行CEOからは、準備期間も短いため相手探しが難航したものの魚井が快諾したことも明かされた。倉本は「魚井選手には本当に感謝しています。すぐ試合をしたくて無理を言う形になったので」と話す。その上で「ケージではなくリングになりますけど、どこで戦っても自分の持ち味を出してやるんで。敬意をもって魚井選手をボコボコにさせてもらうんで、楽しみにしていてください。1ラウンドから仕留めにいきます」とKOを予告した。

 対する魚井はRIZINを通じ「しっかり準備をして、当日対戦相手とお客様の前に立てるように過ごします」とコメントを発表。強打を誇る2人の対戦だけに激闘が期待できそうだ。

 またこの日の会見では「倉本vs魚井」のほかに「関鉄矢vs原口央」「YUSHIvsZENKI」も発表された。