五輪選手村で新たな出会い系アプリがブーム 女子選手が実名告白「明らかに流行っている」

2021年07月31日 20時11分

出会いの場はいくらでも…
出会いの場はいくらでも…

 東京五輪の選手村で新たな出会い系アプリが大流行しているという。

 米放送局「FOX」は「かなりホットだ。選手村で大人気の出会い系アプリが明らかになった」と報道。これまでの大会では「ティンダー」が頻繁に利用されていたが「出会い系アプリは活発な変化を遂げているようだ。どうやら世界的な新型コロナウイルスの大流行は、アスリートの〝欲望〟を抑えるためにほとんど何も影響していない。『Olinda』と呼ばれるアプリが人々をつないでいる」と指摘した。

 同局は、女子バスケットボールのオーストラリア代表のケイラ・ジョージに選手村内での出会いの実態を取材。

「たしかに、最近聞いたことがある。選手村の中ではかなりホットなアプリだわ。明らかにそれは流行っている」と暴露した。

 さらにジョージは、強度が注目されている段ボールベッドについても見解を披露。性行為にも耐えられる強度があるのかについて「そのような行動に耐えるのに十分な強さが与えられていると思う。かなりしっかりしている」と太鼓判を押した。

 コロナ禍だろうがお構いなしに〝夜の国際交流〟は活発に行われているのか。

関連タグ: