楽天・三木谷氏が東京五輪・パラのアンケート 「見送るべき」が「実施すべき」に〝圧勝〟

2021年02月14日 00時25分

三木谷浩史氏

 楽天の三木谷浩史会長兼社長が、自身のツイッターで実施した東京五輪・パラリンピックの開催是非についてのアンケートで13日、「今年は見送るべき」(75%)が、「今年、実施すべき」(25%)に大差をつける結果に終わった(票数は15606票)。

 三木谷氏は、8日のツイッターで「世界がコロナに打ち勝った証という高い志は良いと思うけど、それまでに打ち勝てるのは現実的ではなくなった」と指摘。「冷静に開催の見直し、または順延をIOCと協議すべきだ。あまりにもリスクが大きすぎる」と切り込んでおり、今回のアンケートでは、三木谷氏の判断を裏付けた格好だ。同氏は12日の決算記者会見でも東京大会の開催是非の議論を呼びかけていた。

 実業界の重鎮の主張は極めて重い意味を持ちそうだ。

関連タグ: