東京五輪・パラ組織委 IOC・コーツ氏のコロナ〝あろうがなかろうが〟見解は「我々と一致」

2020年09月15日 19時54分

武藤敏郎事務総長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、都内で理事会を開催した。

 理事会後に会見を行った武藤敏郎事務総長(77)は、先ごろ国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長(70)が仏メディアに対して新型コロナウイルス感染拡大が「あろうがなかろうが」東京五輪は開催されると発言した見解について「我々と一致していると理解している」と話した。

 コーツ氏の発言は、たとえコロナが終息しなくても開催という趣旨だけに波紋を広げていたが、武藤事務総長は「もちろん、しっかりした新型コロナウイルス対策を行うことが前提」とコーツ氏の発言をフォローした上で「私ども組織委はコーツ委員長と非常に緊密な電話会議を行っている。お互いの理解に全く齟齬(そご)はない」と強調。改めて、開催への強い意思を示した。