食欲アップ、ダイエット、便秘解消…炭酸水で健康をゲット!

2021年10月10日 10時00分

炭酸水の上手な飲み方は?
炭酸水の上手な飲み方は?

 近年のブームで一気に身近な存在になった炭酸水。お酒の割り材としても欠かせない存在だが、家飲みにだけ利用するのではもったいない。健康を手に入れるための上手な飲み方や利用法を、「炭酸水 最強の活用法」(アスコム)の著者で管理栄養士の新生暁子氏に聞いてみた。

 ――最近はコンビニやスーパーに、たくさんの種類の炭酸水が並ぶようになりました

 新生暁子氏(以下新生)私はブームになる前からよく飲んでいて、それこそ日本で手に入れづらかった炭酸水マシンをわざわざ海外で買ってくるほどだったんですが(苦笑)、ある時から、爽快感も含めたこの“体にいい感じ”ってどういうことなんだろうと、いろいろ調べ始めたんです。すると、炭酸水に関する論文や研究が見つかり、健康効果も確認されていることが分かりました。以来、私なりの活用法でオススメできるものを皆さんにお伝えしています。

 ――例えば

 新生 今ぐらいの時期は夏の疲れが出てくるころですよね?

 ――はい、せっかくおいしいものが増えるのに私も食欲が出なくて…

 新生 そんな時は、食べる前に炭酸水をコップ半分程度(100~150ミリリットル)飲んでみてください。胃の血管を拡張させ、ぜん動運動を活発にしてくれるので、食欲がアップするんです。食中でも構いません。

 ――そうなると、今度は食べ過ぎが心配になりますが(苦笑)

 新生 だったらもう少し多めの200~300ミリぐらい(コップ1~2杯)を食事の15分ほど前に飲んでみましょう。胃が膨らみ、満腹中枢も刺激されて、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

 ――ダイエットにもピッタリかも

 新生 はい、冷えた炭酸水は食欲を増進させやすいので、常温のまま飲むのがベター。テレワーク続きで運動不足、メタボ気味の方にもオススメしています。食欲に関しては、アップさせることも、抑制することもできるわけです。

 ――今はやりの二刀流ですね

 新生 いやいや、もっとありますよ。胃を動かすということは腸も刺激してくれますので、寝起きに飲むのもいい。絶食絶飲状態で寝ていた胃腸を起こしてあげて、腸の血行も良くしてくれますから便秘解消につながります。炭酸が血液に取り込まれることで代謝のアップも期待できますよ。

 ――いいことばかり

 新生 もちろん、人によって合わない場合もありますので一概には言えませんが、どこでも買えて値段も安い。飲む量やタイミングに関しては継続していくうちに自分に合うパターンが分かってきますから、体調をセルフコントロールするための身近な飲み物としては非常に優れていると思います。
 ――でも、ぶっちゃけ飽きませんか

 新生 ジュースや果実酢と混ぜたり、甘味が欲しいときはハチミツを入れたり…無味無臭だからいくらでもアレンジできますよ。季節の変わり目で体調を整えたい今だったら、疲労回復効果があるクエン酸が含まれる梅干しを入れてつぶして混ぜたり、血流がよくなることでデトックス効果が期待できるショウガをすりおろして入れるのはどうでしょう。ショウガには抗酸化作用もありますし…そうそう、抗酸化といえば、炭酸水はアンチエイジングにもいいんです。 

 ☆しんじょう・ときこ 管理栄養士、博士(スポーツ健康科学)、公認スポーツ栄養士。マラソンの高橋尚子氏率いる「チームQ」に栄養・調理担当として加わり、日米合宿に帯同、食事全般をサポート。「チームQ」解散後はフリーとして活動。アスリートへの栄養・食事のサポートや、スポーツ栄養の啓発に力を入れつつ、食と健康に関する情報を発信している。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ