【J1】横浜FC開幕戦で大敗

2021年02月27日 17時17分

三浦知良(手前)と中村俊輔

 J1横浜FCは27日、札幌との今季開幕戦(札幌ド)で1―5で大敗。J1残留を目指す今季の厳しい戦いを予感させた。

 26日に54歳の誕生日を迎えたFW三浦知良はベンチ外だった中、今季から10番を背負うMF中村俊輔(42)が先発。開始4分で2失点を喫するいきなり苦しい展開となった。前半29分に新加入のFWクレーベ(30)が1点を返すものの、前半だけで4失点。後半も盛り返せないままさらに1点を失った。

 下平隆宏監督(49)は「得失点を考えても痛いし、ダメージのある敗戦となった。立ち上がり気をつけて入ろうと話していたが、2失点でダメージはあったと思う。攻撃でチャンスをつくれず、クレーベが決めて流れが来かけたところで3失点目。そこのダメージは大きく同点に追いつこうとする流れを切られてしまった」と厳しい表情で振り返った。

 また中村の先発起用については「調子がよかったのでチョイスした。俊輔は経験もあるし、ゲームの流れを読める。プレッシャーをいなしてゲームをコントロールしてほしいという意図があった」と説明した。

関連タグ: