【RIZIN】MMAデビューの貴賢神が語る 貴乃花親方とスダリオ剛との〝兄弟対決〟

2022年03月24日 05時15分

インタビューに応じる貴賢神(東スポWeb)
インタビューに応じる貴賢神(東スポWeb)

 大相撲の元幕内貴源治こと貴賢神(24)が格闘技イベントRIZINのケージ大会「RIZIN TRIGGER 3rd」(4月16日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)で格闘家デビューすることが決定した。デビュー戦で関根〝シュレック〟秀樹と対戦する貴賢神は、インタビューに心境を激白。かつての師匠・元貴乃花親方(貴乃花光司氏)への思い、双子の兄・スダリオ剛との兄弟対決の可能性についても本音で答えた。

 ――デビュー戦が決定した

 貴賢神 楽しみですね、シンプルに。

 ――不祥事からの再起となる

 貴賢神 力士の時から応援してくださっていた方々の気持ちは裏切ってしまったんですけど、新たに別の道で活躍できるチャンスをいただいたので。今までの反省も含めて頑張っていきたいです。

 ――かねてMMA(総合格闘技)には興味があった

 貴賢神 もともとキックボクシングとかをやっていたので。ルールで縛られるのが好きじゃなくて、総合だったら基本的に何でもありじゃないですか。

 ――ケンカはよくやっていたのか

 貴賢神 ケンカ好きですよ、ハイ。力士時代も兄弟子としてましたし。ただもともと自分は小学校1年生の時とかイジメられていたんです。3年生の時に、常に5~6対1だったんで…一人ずつやり返していったんです。そこから自分の立ち位置ってのができて。イジメられている人の気持ちも分かるので、そういう人たちにも(イジメに)負けないでほしいなと思います。

 ――リングネームに「貴」の文字を使う意図は

 貴賢神 やっぱり貴乃花親方をずっと尊敬してますし「貴」の文字を自分は角界で残すことができなかったので、そこは使っていきたいなと。貴乃花親方が横綱になられた時の「不惜身命」という言葉は相撲だけではなく格闘技にも通ずるので、その言葉も抱いていきたいと思いましたね。

 ――元貴乃花親方に格闘家転身の報告は

 貴賢神 連絡先も知らないので全く取っていないですけど…。自然と目にはついてくれてるかな、と。ただ合わせる顔がないですよね、辞め方的に。

 ――だからこそ格闘界で成功して報告を

 貴賢神 できればいいですね、はい。

 ――兄のスダリオもRIZINで活躍。兄弟対決が実現する可能性も

 貴賢神 やるやらないは別にしても、お互いが成績を上げていかないとそうならない。注目を集められるようにならないといけないですよね。

 ――もしも対戦オファーがあったら

 貴賢神 兄貴もインスタライブで何か言ってたように聞きましたけど…まあギャラ次第じゃないですか。お互いが人前で殴り合うことで母親が悲しむこともないですし。

 ――…お母さま悲しまないですかね?

 貴賢神 だって昔から兄弟ゲンカしてきたのに、それがただただ人前で殴り合ってカネがもらえるという仕事になるわけですから。しょっちゅうしてましたよ。本当に殴り合うってのはお互いがたまりにたまった時しかないですけど。

 ――将来的に戦いたい相手や上がりたい団体は

 貴賢神 自分はUFC(米総合格闘技イベント)にこだわりはなくて。ただ現時点で世界一の団体と言われるのがUFCなので、そこに行きたいなっていうのはあります。とりあえず世界一になりたいです。そう評価されるような団体に上がりたいですし、自分はそれしか見てないですね。

☆たかけんしん 本名・上山賢(かみやまさとし)。1997年5月13日生まれ。栃木・小山市出身。双子の兄、剛(現スダリオ剛)とともに貴乃花部屋に入門。「貴源治」のしこ名で頭角を現し、後に双子としては初の兄弟関取となる。最高位は西前頭10枚目。昨年7月に大麻の使用が発覚し、日本相撲協会から解雇処分を受ける。同12月に貴賢神に改名し格闘家に転身することを発表した。190センチ、136キロ。

関連タグ: