【RISE】那須川天心 対戦相手を公募「僕を倒して人生を変えたい方」と呼びかけ

2020年06月10日 19時37分

那須川天心

“キック界の神童”那須川天心(21)が10日、オンラインで会見し、7月11日配信のテレビマッチ「RISE on ABEMA」で今年の初戦を行うと発表した。

 立ち技打撃格闘技イベント「RISE」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で5大会が消滅。RISEをホームリングとする那須川も、出場を予定していた14日の「RISE WORLD SERIES」が中止になるなど、昨年大みそかの江幡塁(29)戦を最後に実戦から遠ざかっていた。

 再開第1弾として、無観客でのテレビマッチ開催を決断した伊藤隆代表(49)は「(興行中止で)選手には苦しい思いをさせてしまった。選手は試合してなんぼなので」。那須川は「そろそろ格闘技も動かないと置いていかれてしまう。スポーツで日本を盛り上げたい」と意気込んだ。

 対戦相手は15日まで公募して決める。国内に敵がおらず、海外選手が入国できない中で苦肉の策ともいえるが、神童は「こういう状況だからこそというのもある。どういう人が来るか分からないから楽しみ。僕を倒して人生を変えたい方、応募してください」と期待を寄せた。