ひろゆき氏がこども用ハーネスについて持論 「頭の悪い他人の意見と子供の命どちらが大事?」

2022年01月09日 13時40分

ひろゆき氏(東スポWeb)
ひろゆき氏(東スポWeb)

 2ちゃんねる開設者で実業家のひろゆき氏(45)が9日、ツイッターでこども用のハーネスに言及した。

 こども用のハーネスについては2歳の双子がいるタレントの蒼井そらがブログでその必要性を感じたことをつづったことで話題になった。この意見に同意する声もあるが以前から「ペットみたい」「ひもで繋ぐのはどうなのか」と批判の声もある。

 しかしニュース番組「ABEMA Prime」に出演したひろゆき氏は「子どもが交通事故にあっても赤の他人は責任を持たない」「赤の他人で頭の悪い人の言うことをいちいち真に受けないことが大事だと思う」と語った。

 ツイッターではさらに
「車道など、危険なところでいきなり走り出したりする年齢の子供が居ます。『子供用ハーネスの議論は、“無責任で頭の悪い他人の意見”と“子供の命”と、どちらが大事?』という簡単な話だと思うのですが、赤の他人のお気持ちを気にする人が多いのが不思議です」と他人の視線を気にすること自体が理解できないと主張。

 ひろゆき氏が「頭が悪い」という言葉を多用することを批判するフォロワーからの声には「『事故防止のために子供にハーネスを付けるのを非難する人は頭が悪い』と明言するのと、それに同意をする人が多いという事実を可視化することで、ハーネスを躊躇する親を減らすのを目的にしています」と解説した上で「ハーネスを付けてる子供の親を非難する側も『自分の考えが間違ってる?』と見直す機会になるかと」とつづった。

【関連記事】

関連タグ: