元AKBバックダンサーの“ミスコン経営者”が考案 1分でできる「パピプポエクササイズ」

2021年06月01日 11時30分

「パピプポエクササイズ」を考案した吉野舞氏

 AKB48&HYDEらのバックダンサーを務めるほか、ミスコン受賞経営者としての顔も持つ吉野舞氏が、一風変わったエクササイズを考案した。

 吉野氏は「世士舞(よしまい)」という芸名で、ヘルシー×ダンス=ヘルダンスダンサーとしても活動。「パピプポエクササイズ」を考案し、所属するMAO.Y entertainmentのユーチューブチャンネルで展開している。

 コロナ太りに悩まされる人も多いなか、これは座ったまま1分でできるエクササイズ。バックダンサーの経験を生かし、パピプぺポをメロディーに乗せて腹式呼吸で発声することで、表情筋と腹筋が鍛えられ、楽しみながらダイエットできるという。

 注目されるのは、吉野氏の経歴だ。ダンス歴17年で指導も担当。国内ダンスコンテスト優勝のほか、2015年のAKB48リクエストアワーでは高橋みなみ、山本彩のバックダンサーとして出演。HYDEやJUJU、山猿などのバックダンサーも務めてきた。

 さらに東京・銀座で、世界のトップアスリートやハリウッドスターたちの間で活用されているクライオセラピー(全身性低温療法)のサロン・GINZA ℃RYOのオーナーも務め、経営者の顔もある。今年2月に開催された、世界初の女性起業家ミスコン「Miss Viviana Japan 2021」では、「BEAUTY PAGEANT MEDIA AWARD」など2部門を受賞した。

 吉野氏は「バックダンサーの経験を生かし、健康と美をテーマに新しい形のパピプポエクササイズを考案いたしました。1分で座って楽しくできるエクササイズですので、世界中の人たちに伝えていけたらうれしいです。インチェアーでチェキラッチョ!」と、“ダンサー・世士舞”としてコメントしている。

関連タグ: