小木博明の“クラブハウス乱入事件”でたかまつななが謝罪「お互い攻撃し合う形に…」

2021年02月19日 21時02分

小木博明

 お笑いジャーナリストのたかまつなな(27)が、「おぎはやぎ」小木博明(49)に謝罪した。

 小木は10日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で森喜朗氏の女性蔑視発言に関する話題から「男女平等とか言ってますけど、女性の方が今はもう上だから、怖いんですよね。女性ってピラニアじゃないですか」などと発言。これが批判を招き、いま話題の音声SNS「クラブハウス」でも小木に関するルームが開かれる事態となった。

 ルーム内では当初、小木個人の話で盛り上がっていたが、次第に家族のことにまで議論が発展。すると、これを聞きつけた小木本人が同ルームに参戦。ツイッターでは「小木さん」がトレンド入りした。

 このルームに参加していたたかまつは17日、自身のユーチューブチャンネルで「【小木さんが心配】クラブハウスでの炎上の経緯と謝罪」と題した動画を投稿。ルームでは参加者同士がヒートアップする場面もあったといい「クラブハウスで、一部のフェミニストと議論した結果、少し溝ができてしまい、お互いの賛同者がお互いを攻撃しあっているような形になってしまいました」と説明した。

 たかまつもまた、自身の発言をめぐって他の参加者から叩かれた。

「語り口の優しさが私は大事だと思うんです。目的がよくても、手段がダメなことがある。目的は平和や女性差別をなくすことのはず。だから、私は小木さんがいじめられているように感じたので、それではダメではないかと思った」
 
 たかまつはそれらを踏まえた上で「このような事態になり、お詫び致します」と謝罪した。

 なお、クラブハウス内の会話は原則録音・録画禁止となっているが、ネット上では“小木乱入事件”の音声が拡散されている。今回の騒動は秘匿性をウリにしたクラブハウスそのものの存在意義についても関わってきそうだ。

関連タグ: