新生「バイキング」早くもネタ枯れか 真昼間の〝放屁企画〟放送に賛否両論

2020年10月14日 16時13分

MCの坂上忍

 9月末からリニューアルしたフジテレビ系「バイキングMORE」に早くも〝ネタ枯れ〟が心配されている。

 14日放送では午後2時ごろから「密着 ダンナさんの前で〝初めてのオナラ〟 音を聞いたらどんな反応をするか?」と題した実験企画を放送。若夫婦の家庭にカメラを仕掛け、新妻Aさんの〝挑戦〟に密着した。

 Aさんは焼き芋を食べたり、ストレッチするなど、あの手この手で放屁にトライしたが「出ない…」と断念。結局、ボタンを押すとオナラの効果音が出るマシーンを服に忍ばせ、夫の前で疑似オナラを放った。

 夫は最初の数回こそ気付かなかったが「プ~」という長めの音で、ようやく妻のオナラと認識。笑いながら「屁、こいたやろ?」とツッコみ、Aさんが「バレた?」と白状すると、意外や怒るわけでもなく「(音が)長かったな。まぁ人間やからな」と不問に伏し、感動の大団円となった。

 スタジオにカメラが切り替わると、MCの坂上忍(53)らは〝オナラトーク〟を展開。フジテレビの永尾亜子アナウンサー(26)からは「私は割と(人前でも)しちゃいます」「前に付き合っていた彼には〝握りっ屁〟もしていました」と衝撃告白も飛び出した。

 共演者からは「本気でにおうやつだった場合でも(握りっ屁)するの?」と追及されたが、永尾アナは顔を赤らめ、強制的に次のコーナーに移った。

 同番組は10月改編により、先月28日から放送枠が午前11時55分から午後2時45分に拡大したばかり。ネット上ではこの日の放送内容に「いきなり屁かよ!」「面白かったけど、ネタないんだなぁ」「遅めのランチをしている人もいるだろうに…」など、様ざまな意見が寄せられた。