村中璃子氏 テレ朝「グッド!モーニング」の謝罪に「誰か1人が暴走するだけで別の番組になってしまう」

2020年05月12日 17時36分

 医師で医療ジャーナリストの村中璃子氏が12日、ツイッターでテレビ朝日系「グッド!モーニング」の“真逆編集”謝罪に言及した。

「グッド!モーニング」は7日インタビューに応じた医師・澁谷泰介氏が「(日本の検査戦略は)世界的に珍しい」「今の段階でPCR検査をいたずらに増やすべきではない」などとコメントしたが、「大至急PCR検査を増やすべき」というメッセージの一部に見えるように編集。澁谷医師からの抗議を受け、12日の番組内で謝罪した。

 村中氏もテレビなどでもコメントを求められている立場から「私もこの間すこしだけテレビの世界を覗いたけど、1つの番組作るのに本当に色んな人が関わっていて、誰か1人が暴走するだけで違う番組になってしまう」とその危うさを指摘した。

 その上で「PCR検査のキャパシティを拡充することと、検査件数をいたずらに増やすことはまったく別の話です」と改めて訴え「テレビだけじゃなく、きれいなサイトを作って、すごそうな肩書で論理破綻した主張をくり返す人たちに疲れ果てました」と嘆いた。