高橋名人 志村けんさん偲ぶ「元気な姿をもう一度拝見したかった」

2020年03月30日 11時15分

高橋名人

 ファミコンの“16連射”で一世を風靡した高橋名人(60)が30日、公式ブログを更新し、新型コロナウイルスによる肺炎で29日夜に亡くなった志村けんさんを偲んだ。

 高橋名人は「志村けんさん、ご冥福をお祈りします」と題し「私は、カトちゃんケンちゃんが発売される1988年に、そのCM撮影時にお会いして、その後の公開収録でもお世話になりました」と、PCエンジンのテレビゲーム「カトちゃんケンちゃん」(ハドソン)で接点があったことを明かした。

 そして「新型コロナで重度の肺炎になってしまっていたのは、皆さんもご存じだったと思いますが、ぜひとも、というかなんとしても治って、元気な姿をもう一度拝見したかったです。とにかく、何を言えば良いのかわかりません。ご冥福をお祈りいたします」と不世出の天才芸人を惜しんだ。