森口瑤子「鬼滅の刃にハマっております」“3代目女将”の仲間入りをファンは歓迎

2020年03月25日 14時55分

インスタグラム(@yokomoriguchi_official)から

“3代目女将”もハマった!? 美人女優の森口瑤子(53)が25日、インスタグラムを更新。大人気マンガ「鬼滅の刃」好きを明かした。

 森口は、ドラマ「相棒」の和装とは180度違うフォーマルなロングワンピースにジャケットという装いで写真に納まり「わらったり笑わなかったり」と文章を添えた。ハッシュタグには「今さらながら」「鬼滅の刃にハマっております」と付け加えられ、同作のファンであるとわかる。

 吾峠呼世晴氏が生み出した同作品は、大正時代を舞台に、家族を殺された少年と鬼との戦いを描く。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載され、シリーズ累計で4000万部を突破。近年まれにみる大ヒット作品となっている。

 森口は先日放送された「相棒season18」の最終回特番で、高樹沙耶(益戸育江=56)、鈴木杏樹(50)以来空席となっていた小料理屋の3代目美人女将として登場。主演の水谷豊(67)とは、2時間ドラマ「地方記者・立花陽介」の夫婦役以来の仲で、代表作「温泉(秘)大作戦」をほうふつさせる妖艶な着物姿が話題を呼んだ。

 コメント欄には「モノクロ画像でも華やか」「瑤子さんほんと綺麗」「おお!!!!美しい」と森口の美しさをたたえる声の一方、「ハマってる方が多いみたいですねぇ わたしもですが(笑)」と森口の仲間入りを歓迎する声が寄せられた。