梅沢富美男 不倫騒動の東出を断罪「おいしいことを言ったんだろう」

2020年01月31日 00時14分

梅沢富美男

 俳優の梅沢富美男(69)が30日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で俳優・東出昌大(31)と女優・唐田えりか(22)の不倫騒動に言及。「東出くんは罪作りなことをした」と糾弾した。

 梅沢は「俺はハッキリ言うよ。男女の問題には詳しいから」と前置きし、「東出くんは罪作りをしたな。だって相手の子(唐田)は10代だったんだから。まともな恋愛なんて、そんなに経験してないよ、ガキみたいなもんだ」と指摘。「そこで彼が登場してきて、おいしいことの2つや3つ言ったんだろう。だから、こんなにつながったんだと思うよ」と話した。

 さらに「女心と秋の空という言葉もあるんだ。特に10代なんて、いま好きだけど1か月もしたら嫌いになっちゃう。そういうのが若さの特権だよ。それを、奥さん(杏=33)がいるのに、2年も3年も付き合ったということは、おいしいことの1つや2つ、3つ4つ言ったんだと思う。そりゃその気になるよ。だから、いろんなところでしゃべってるんだ、この子は」と唐田の心情を理解。「これは罪作りなことをしたな。これは男が悪い」と東出を切り捨てた。