純烈弟分「LAST FIRST」メジャーデビュー「この日をスタートに頑張っていきたい」

2019年11月20日 21時00分

メジャーデビューするLAST FIRST

 ボーカルグループ「LAST FIRST」が20日、都内でメジャーデビューイベントを行った。

 2016年に結成され、インディーズ時代から人気を集めてきた。メンバーはYOUSUKE(38)、OSA(39)、GACKY(39)の男性3人で、YOUSUKEは、リュ・シウォンの「桜」をはじめ、赤西仁に楽曲を提供するなど、音楽界で活躍してきた3人だ。

 この日のイベントではメジャーデビュー曲「応援歌」、フォークの名曲「なごり雪」などのカバー曲も披露した。YOUSUKEは「僕たち3人のために集まっていただけたことを胸に刻んで、この日をスタートに明日から頑張っていきたい」と話した。

 もともとライブハウスを中心に活動してきた3人だが、昨年末から趣向を大きく変えて、健康ランドや健康センターなどを主戦場にしてきた。そういった場所で歌い続けてきたのが、紅白に2年連続で出場する純烈。YOUSUKEは「今年の頭ぐらいに公認の弟分と言っていただいた」という。

 その純烈のリーダー・酒井一圭からはVTRで「とうとう俺たちのライバルだな。すぐ売れるなよ(笑い)。何があろうともメンバーで力を合わせて、スタッフで力を合わせて、そしてファンのみんなで力を合わせていけば、いろんなことが起こる。だから頑張ってください。応援しています」と応援メッセージも届いた。

 OSAは「ありがたいお言葉を頂いた。頑張りたい」と意気込んだ。