百田尚樹氏 江川紹子氏を「クズ」呼ばわりした真意語る

2019年05月28日 09時25分

百田尚樹氏

 構成作家の百田尚樹氏(63)が28日、インターネット番組「真相深入り!虎ノ門ニュース」に出演した。

 百田氏はツイッター上でジャーナリストの江川紹子氏(60)とひと騒動になっていた。

 米国のトランプ大統領が東京・両国国技館で開催された大相撲を観戦し、大きな話題になった。

 しかし、その前日の25日、江川氏は「明日の国技館、せめて心ある相撲ファンの方による、短くていいから、力強い『Boo』の一声が出るように祈りたい」と書き込んだ。

 これを受け、百田氏は26日、「江川紹子て、あまり頭がよくないのは知っていたが、礼儀やマナーも知らないクズやったんやね」(原文ママ)と「クズ」呼ばわりして批判した。

 発言の真意について百田氏は「Booというのはブーイングですよね。『オマエ最低や!』ってBooって言う。日本の総理が、米国の大統領が来て『日本には相撲という伝統的な競技がある、見てください』って言ってる。そこに、どうして相撲ファンがBooするのか」と首をひねりながら説明した。

 百田氏は江川氏について「ひどいでしょ」とあきれ気味だった。