【紅白リハ】関ジャニ∞・村上信五 つかみバッチリ「錦戸の話せんといてね」

2019年12月29日 17時20分

関ジャニ∞(左から)村上信五、安田章大、大倉忠義、横山裕、丸山隆平

 大みそか「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサル2日目(29日、東京・渋谷区のNHKホール)、8年連続8回目の出場となる「関ジャニ∞」(村上信五=37、横山裕=38、丸山隆平=36、安田章大=35、大倉忠義=34)が登場。例年と変わらぬ爆笑トークを披露した。

 9月にメインボーカルの錦戸亮(35)がグループを脱退し、ジャニーズ事務所からも退所。昨年も同じくメインボーカルの渋谷すばる(38)がグループを脱退してジャニーズ事務所から退所しており、関ジャニ∞として心機一転の紅白となる。

 報道陣の前に現れるなり、いきなり「錦戸の話せんといてね」と“先制パンチ”で冗談めかした村上。応援に駆けつける後輩の「なにわ男子」については「いや~もう潰してやりますよ! 紅白の怖さ、何も分かってないから!」ときつ~い冗談を飛ばす場面もあった。

 今年は7月にメンバーが慕ったジャニー喜多川さん(享年87歳)が死去。ジャニーさんについて村上は「我々の中では亡くなっていない感じ。過去の人にはしたくない」と胸中を明かすと「ジャニーさんは大阪のジャニーズ文化を生み出してくれたから、僕らが長く続けることがジャニーさんとの関係性を保てるのかな」。

 恩人であるジャニーさんのためにも、関ジャニ∞が新たなステージで躍動することを誓った。