アンジュルム・船木結「“令和の広瀬すず”を目指します!」

2019年04月11日 20時00分

ニューシングル発売イベントを行ったアンジュルム(前列左から川村文乃、竹内朱莉、太田遥香、伊勢鈴蘭、和田彩花、佐々木莉佳子、後列左から、笠原桃奈、中西香菜、上國料萌衣、船木結、室田瑞希、勝田里奈)

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」(リーダー・和田彩花=24)が11日、東京・豊島区のサンシャインシティ噴水広場で「恋はアッチャアッチャ/夢見た15年(フィフティーン)」の発売記念イベントを行った。

 新メンバー2人が加入し、12人体制となったグループの第1弾シングル。6月18日の武道館公演をもって卒業する和田にとって“ラストシングル”となる。

 イベントでは1曲目に「夢見た15年」を披露。スマイレージ時代のメジャーデビュー曲「夢見る15歳」のオマージュ局で、卒業を控える和田にとっても思い出深い曲だ。

 直後のMCでは「自分たちの15年後」についてトークした。

 アートが好きな和田は「私はフランスに住んでいたらいいなあと。毎日、美術館に行きます」と夢を語る。曲「夢見た——」には「思い出がいっぱいよみがえってきますね」と少し寂しそうな表情を見せた。

 一方、書道が得意で“小銭が大好きキャラ”の竹内朱莉(21)は「書道の教室を開いて小銭稼ぎしたいと思います!」としっかりキャラを守って、笑いをさらう。

 新元号「令和」の話題になると、船木結(16)は「最近、髪をショートカットにしたんですが、街を歩くと、みなさんが振り向いてくださる。もしかしたら、広瀬すずさんと勘違いされているのではないかと。なので“令和の広瀬すず”を目指します!」と高い目標を掲げた。