五輪なら“団体戦”? 中澤卓也、新浜レオン、パク・ジュニョン 男前演歌歌手3人揃い踏み

2021年08月14日 20時40分

左から中澤卓也、パク・ジュニョン、新浜レオン

 中澤卓也(25)、新浜レオン(25)、パク・ジュニョン(39)のイケメン演歌歌手3人が14日、都内で生配信コンサート「真夏の配信祭り 中澤卓也・新浜レオン+パク・ジュニョン」を開いた。

 無観客による配信コンサート「USEN 唄小屋」の第4弾で、今回は、中澤と新浜の仲良しコンビに加えて、以前から親交の深いパクを迎えて開催。新浜が「ダメ ダメ…」、「さよならを決めたのなら」、中澤が「約束」、パクが「風の吐息」など自身のオリジナル曲を熱唱したり、トークコーナー、生電話コーナー、コント、コラボ歌唱などと、充実の内容でファンを魅了した。

 中澤は「コントあり、生電話ありと、この『USEN 唄小屋』でしかお届けできない生配信だったと思います」と話せば、新浜は「歌には無限大のパワーがあるということを身にしみて感じることができました」と笑みを見せた。

 また、ゲストのパクは「普段から仲良くさせていただいているお2人との生配信コンサートでしたが、もしオリンピックで歌という競技があったらこの3人で団体戦に出てみたいですね。今度は、ゲストではなく、メンバーの一人として参加したい」と話した。

【関連記事】

関連タグ: