北山たけし 2年ぶりソロ曲発売「兄として裕に負けないように」

2020年02月11日 16時00分

新曲を披露した北山

 演歌歌手の北山たけし(45)が11日、都内でバースデーライブを開催した。

 演歌ユニット「北島兄弟」として歌手の大江裕(30)と活動してきた北山が、2年ぶりのソロシングル「龍神海峡」(12日発売)を初披露。「2年間、北島兄弟として裕と頑張ってきた。初心に戻って2020年、お互いソロを出すことになり、発売日も同じ。刺激を感じライバルになりながら、兄として裕に負けないように頑張りたい」と語った。

 師匠の北島三郎(83)は、昨年11月に足の指を骨折。「順調に回復していて、ちょっとした距離の移動では、つえもつかず自分で歩いている」そうで、前日(10日)にも会ったばかり。「師匠と偶然、新曲の話になって、ひと言『いい曲だな、かっこいいぞ』と言って北海道へ行った。一応、バースデーライブってことも知っているけど、僕より馬の方が大切みたい…」と笑わせた。

 46歳の誕生日は25日。一足早くバースデーケーキが用意され「毎年、大ヒットという目標を掲げている。いい形で結果を残し、師匠を少しでも大きくなって支えていけたら」と意気込んだ。