STU48瀬戸内ツアーが山口から開幕 地元出身・瀧野由美子は初写真集の発表で“凱旋”

2021年07月19日 09時35分

初の写真集発売を発表した瀧野由美子(C)STU
初の写真集発売を発表した瀧野由美子(C)STU

 瀬戸内7県を拠点に活動する・STU48が17日から夏の瀬戸内ツアーをスタートをさせ、18日には1期生とドラフト3期生が山口・KDDI維新ホールで「瀬戸内サマーツアー2021~サングラスデイズ~」を開催。地元・山口出身の瀧野由美子(23)と岩田陽菜(18)、森下舞羽(16)が躍動した。

 昼公演の1曲目ではツアータイトルでもある「サングラスデイズ」を披露。それぞれが浮輪や水中眼鏡、水鉄砲、ビーチボールなどを装備して夏らしさをアピールしながらのパフォーマンス。夏らしいポップなサウンドで、会場の雰囲気も一気にハイテンションになった。

 有観客ライブとなった喜びから、甲斐心愛が「みんなで拍手で会話しようよ」と提案すると、瀧野、信濃宙花のそれぞれのリズムをファンに拍手で連呼してもらうというコミュニケーションで一体感を感じさせた。

 アンコールでは全員で「夢力」「恋人いない選手権」「ドリアン少年」を披露。榊美優は「みんなでツアーを回れることがすごく幸せで…。ファンの方も応援してくれて、すごくうれしい空間でした」と感謝した。

 夜公演のアンコールラストでは、瀧野が「ここで皆さんにお知らせがあります。9月22日に写真集を出すことが決まりました!」と発表すると、会場には祝福の拍手が響き渡った。

 メンバーから「水着は? 水着は?」という質問に、瀧野は「いろんな衣装を着せていただきました」と笑顔。「地元の山口県での撮影を中心に、愛犬あんこも登場してます」とアピールした。

 最後に、キャプテンとしてセットリスト作成からツアーに関わった今村美月は「STU48のツアーはまだまだ続きます。最後まで一緒に走ってくださったらうれしいです!」と呼びかけた。

 終演後、出演した山口出身メンバー岩田、瀧野、森下の3人がコメントを寄せた。

 岩田は「以前からファンの人にライブで山口に行ってみたいという声をいただいていたので、こうしてツアーで来ることができて本当によかったです」と声を弾ませれば、瀧野は「船上劇場ラストツアーでは、山口県で開催することができなかったので、その分地元のファンの方には『愛をお届けしよう、一緒に山口を盛り上げよう!』という気持ちを込めました!」と明かした。

 森下も「地元で一番大きいホールでライブがしたいという気持ちがあり、KDDI維新ホールが建設中の時からSTU48みんなでライブができたらと思っていたので、うれしいです。(ファンに)SNSでお土産や食べていってほしいものとかを提案していたので、心の底から楽しい山口遠征にしてほしいなとい気持ちでパフォーマンスしました!」とコメントした。

関連タグ: