ホラン千秋は究極のインドア派「誘いなければ必ず家で過ごす」

2015年06月09日 17時23分

 タレントのホラン千秋(26)が9日、都内で行われた電動リクライニングベッド「テンピュール Zero―G」新型モデル発表会に出席した。

 ホランは「誘いがなければ必ず家で過ごしている、究極のインドア派」という。「おうちでしっかり休息することを大事にしている。ベッドで睡眠のほか読書や海外ドラマとか自分が大好きなものを満喫して、ニュートラルな状態にして、仕事に挑めるようにリラックスすることを心掛けてます」と明かした。

 この日のイベントでは、まるで宙に浮かぶような心地よさを実現した新電動リクライニングベッド「Zero―G Curve」を体験。ベッドの上で横になると「すごくバイブレーションが気持ちいい…」とウットリした表情に。

 すっかり夢見心地となって「いま一瞬、眠りに落ちそうでした。これが家にあったら大変。誘われても、家から全く出なくなるぐらい心地良い」と大絶賛した。