【山口敏太郎オカルト評論家のUMA図鑑357】謎の生物「ステラーの海猿」の正体とは

2020年04月09日 17時28分

未確認生物「ステラーの海猿」(ユーチューブから)

 現代でも絶滅危惧種とされているマナティやジュゴン。環境破壊などで個体数を減らしているが、過去には絶滅してしまったものも存在している。有名なステラーカイギュウだ。

 ステラーカイギュウはかつて北太平洋のベーリング海に生息しており、体長が8メートルもあった。おとなしく天敵が存在しなかったため人間に警戒することがなかった。その肉がおいしかったこともあり、1741年の発見からたった27年で絶滅したとされている。

 しかし、絶滅から約200年ほどたった1962年7月、ロシア北東部のアナジル湾で、ロシアの捕鯨船が絡み合いながら泳ぐ数頭のステラーカイギュウを目撃。いまだに絶滅していないのではないかとか、哺乳類らしき要素の多い未確認生物が目撃されるとステラーカイギュウの生き残り説が出てくることもある。

 さて、そんなステラーカイギュウに似た名前のもう一つの未確認生物が存在している。それが「ステラーの海猿」だ。ステラーカイギュウの名前はドイツ人の医師で博物学者であったゲオルク・ヴィルヘルム・シュテラー(ステラー)氏の名前に由来しているのだが、彼は他にもさまざまな新種の生物を発見しており、そのうちの一つが今回紹介するステラーの海猿だった。

 ステラーの海猿はアザラシやオットセイに似ているが、犬のような頭に長く垂れ下がるヒゲ、寒い海でも動けるような厚い毛皮に細長く太った体、サメに似た2つに分かれた尾ビレがあったという。

 不思議なことに、海生哺乳類が必ず備えている手足のヒレが確認できなかったとも言われている。

 1741年8月10日にアラスカ州シュマギン諸島周辺で観察され、「訓練された猿のように」大きな海藻を口で投げたりした後に食べるという知的な行動を見せたのだそうだ。捕まえようと発砲したが、逃げてしまったそうだ。

 シュテラー氏はこの生物をスイスの博物学者であるコンラッド・ゲスナーの著書「動物誌」(1551年)に掲載されている海生哺乳類シミア・マリナだとしたが、他の生物学者からはオットセイやアザラシの誤認だったのではないかという説が出ていた。ステラーの海猿の正体は何だったのだろうか。

【関連動画】The Mystery of Steller's Sea Ape