J2甲府が21日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦の蔚山(韓国)戦(国立)で1―2と敗れ、2戦合計1―5で敗退が決まった。

 15日の第1戦で0―3と完敗していた甲府はホームで逆襲を期したが、1―2と完敗を喫した。

 一方、蔚山は韓国屈指の強豪で注目度が高い。アジア制覇への期待も高まっており、この日も多くの韓国メディアが駆けつけた。なかでも屈指の人気を誇るのが、元日本代表MF江坂任だ。

 浦和や柏などでプレーし、森保ジャパンにも選出経験があるストライカーは韓国で脚光を浴びており、「スポーツソウル」は「元日本代表MF江坂任が先制の起点に! 韓国・蔚山、甲府との〝国立日韓戦〟制しACLベスト8進出」などとヒーローの一人に取り上げた。

 その江坂は試合後に、日韓のサッカーの違いに触れながら「浦和の時は日本のサッカーを世界に、アジアでトップを取ろうという考えだったけど、今は韓国のサッカーで、韓国のサッカーの強さを証明する大会に。そこで優勝したい」と韓国サッカー界を盛り上げると宣言。蔚山のエースとして、アジアの頂点を狙う。