実業家の〝青汁王子〟こと三崎優太氏が11日X(旧ツイッター)を更新。茨城県ひたちなか市で9日、水戸市に住む16歳の女子高生が車の下敷きなった状態で見つかり、死亡が確認されたことについて言及した。

 三崎氏は「72歳の運転手が16歳の女子高生を9キロも引きずって死亡させた悲惨な事故、最初は逃げただけだろ?と思ったけど、72歳ならありえるのかな」とコメント。続けて「高齢者の運転は、もう見逃せないレベル。免許の更新基準が甘すぎない?」と指摘。その上で「このままだと、また悲劇が繰り返されるだけ。あまりに悲しすぎる」と再発防止を訴えた。

 警察によると、女子高生は水戸市の交差点で車と衝突し、そのまま20分ほど引きずられたとみられるという。現在、72歳の男性から詳しい事情を聞いている。