【茜さやのほっこり温泉】雪見シーズンの到来です。フリー素材モデルとして知られるグラドル・茜さやが、体を張ってご紹介します。

 読者の皆様こんにちは! 温泉大好き茜さやです。今回はリピーターの方も多い人気のお宿、岐阜県奥飛騨温泉郷・中尾温泉の「まほろば」さんをご紹介します。「まほろば」という言葉は「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の古語で、その名の通り本当に過ごしやすくて、素敵なお宿です。

 場所は、奥飛騨温泉郷の一番奥のほう。山深い場所なので夏は涼しく、この時期はだいぶ寒く雪深いのですが…「えっ!? 温かい…」。お部屋に着くと暖房がついているのはもちろん、こたつも用意されていて、寒くなりがちなロビーもおじちゃんが常に暖炉を見ていてくれて快適快適♪ 寒がりの人にも優しいんです。

 ただ、そんなぬくぬくに甘えてばかりでは“大自然”は満喫できませんよね。この時期は脱衣所から露天風呂に行くまでがなかなかの寒さ…。

これが露天を向かうまでの道のり
これが露天を向かうまでの道のり
たどり着きました
たどり着きました

 で、それを乗り越えての雪景色は格別なのですが、入ってみるとお湯が熱い! 寒いから熱く感じたのかもしれませんが、いや、やっぱり熱い! がたがた震えながら周りの雪をどさどさと入れた私です(苦笑)。ホッとひと息ついたところで目にした景色ともども、思い出深い入浴になりました。

 ちなみに、だからこそ内湯に入ったときには思わず声が。「あ! ここでも見れる!」。そう、皆さんご安心ください。窓から奥飛騨の雪景色がしっかり堪能できました。そして、温度も絶妙でした(苦笑)。

 聞けば、中尾温泉の源泉は80~90度もあるそう。さすがに温度調整をしなければならないものの、それには山の湧き水を使っています。つまり、どっちにしてもメイドイン奥飛騨は間違いありません!

 そして、メイドイン奥飛騨は温泉だけにとどまらず、食事には飛騨牛、モーニングには飛騨高山の郷土料理・朴葉みそも。また、取れたての山ぶどうがデザートで出てきたり、予約すれば飛騨牛の牛串を囲炉裏で焼いてもらえます♪ 聞いているだけで行きたくさせちゃってごめんなさい(苦笑)。

 あなたが素敵な温泉とつながれますように。

【奥飛騨温泉郷・中尾温泉 まほろば】岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾206。4つある露天はすべて貸し切り。日帰り入浴=要問い合わせ(℡0578・89・2382)。交通=長野自動車道・松本ICから車で約90分。