嵐の松本潤(40)の今後に〝黄信号〟だ――。

 主演を務めるNHK大河ドラマ「どうする家康」は残すところあと3話(最終回は12月17日)だが、平均世帯視聴率は10~11%台。以前よりも回復の兆しを見せてはいるものの、2019年の「いだてん~東京オリムピック噺~」の8・2%に次ぐワースト2位になる見通しだ。この結果は松本にかなり厳しい先行きをもたらしそうだ。

 ある広告代理店関係者は「本来、NHKの朝ドラや大河の主演を務めればCMオファーは引く手あまた。『ぜひ欲しい』と手を挙げるところが相次ぐんですが、今の松潤にはそういう声も聞かれない。旧ジャニーズの一連の問題で、やはりまだスポンサー企業は新規の案件に踏み切れないことが影響している」と指摘する。

 CMだけではない。民放ドラマでも同様だ。

「大河で1年間、撮影をしていたので多少の休暇を取るにしても、その先のオファーがあってもおかしくない。ところが松本へのアプローチは鈍いようです」(制作会社関係者)

 民放も旧ジャニーズの問題を踏まえはするが、視聴率も重視する。それだけに「松潤を起用するリスクと視聴率を天秤にかけた場合、起用リスクの方が大きいと踏んでいるのでしょう」(同)。

 松本と言えば、役者としてだけではなくプロデューサーとしての顔もある。だが、後ろ盾になっていると言われる藤島ジュリー景子前社長が、新体制になっても引き続き後ろ盾になるかは未知数だ。

 ある芸能プロ関係者は「松潤に本当にプロデュース能力があるのか疑う声が出ていますし、実際に大河でも結果が出ませんでしたからね。今後、どこまで後輩たちが言うことを聞いてくれるのか」と話す。

 松本にとって、大河主演は結果的に大きなマイナスを背負わされることになったのかもしれない。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)