実業家のひろゆき氏が10日、ABEMA TVのニュース番組「Abema Prime」にリモート出演。米大リーグ、エンゼルスからフリーエージェント(FA)となった大谷翔平のグローブ寄付についてコメントした。

 大谷は自身のインスタグラムで日本国内の全小学校約2万校に3つずつ、計約6万個の子ども用グラブを寄贈すると発表。「野球を通じて元気に楽しく日々を過ごしてもらえたらうれしい。このグラブを使っていた子どもたちと、将来一緒に野球ができることを楽しみにしています」とコメントした。

 右手用2つ、左手用1つが贈られる予定。1つ1万円と仮定すれば約6億円の費用がかかることになる。

 このニュースに、自身も児童養護施設にパソコンを寄付しているひろゆき氏は「野球でこれだけお金を稼ぐことができましたというので、同じような人が増えてほしいと。僕がパソコン配ってるのも、僕エンジニアとして割とうまくいったので、パソコンを触ることによって『プログラムっていいよね』って人が増えたらいいな、という感じであくまで自分の人生の延長線でうまくいったものを、ちょっと他の人にもおすそ分けできたらいいな的な感じなんじゃないかなと思う」と大谷の心境を推測した。

 今回の寄付については「全小学校に」「左手用含め3つ」など、〝平等性〟の点でも称賛されている。

 しかし、ひろゆき氏は「平等性は良いと思うんですけど、ただ学校に3個だとそれを誰が受け取って使うのか?という問題が結構、難しい気がするんですよね。サッカーだとボールあげます、みんなで遊びますでいいんですけど、グローブだけ渡されても、あと6人どうすんの?みたいな」と意地悪な指摘を繰り出していた。