TBS系の情報番組「ゴゴスマ」で7日、故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、ジャニーズ事務所が都内で開いた記者会見を生中継した。

 スタジオで見守った、元宮崎県知事でタレントの東国原英夫は、ジャニーズの東山紀之新社長、藤島ジュリー景子前社長らが会見で述べたことについて「具体的な話は出なかった。(ジャニーズの)再建とか(被害者への)救済に(ついて)です」とバッサリ斬り捨てた。

 返す刀で、性加害を積極的に報じなかったメディアに対し、「(会見場で)非常に追及されている。でも、俯瞰(ふかん)でみると、あなたたちメディアも同罪だと言いたい」と断罪。会見場にいる報道陣には「今、(性加害について)どう考えているか述べてからのご意見(質問)がいいと思う」と語った。

 ジャニーズに対しては「勇気、元気、希望等々を与えてくれたのは間違いのない事実」とこれまでの功績は称賛する一方で、「でも、それは数多くの性被害者の涙の上に立った」と被害者に寄り添った。

「ゴゴスマ」は会見冒頭から1時間10分、CMを挟まずにノンストップで生中継。最初のCM明けで東国原に見解を求めた。