ジャニーズ事務所創業者で、2019年7月に亡くなったジャニー喜多川氏(享年87)に端を発した性加害問題が、いよいよどうにもならなくなってきている。

 4日には国連「ビジネスと人権」作業部会の専門家のダミオラ・オラウィ氏と、ピチャモン・イェオファントン氏が日本記者クラブで会見を実施。喜多川氏から性被害を受けた当事者や関係者らに行ったヒアリングを総括した。

 ピチャモン氏は「同社のタレント数百人が性的搾取と虐待に巻き込まれるという深く憂慮すべき疑惑が明らかになった」と指摘。ジャニーズ事務所は第三者で構成される「再発防止特別チーム」が調査を行っているが、これについても「透明性と正当性に疑念が残っている」「ジャニーズ事務所のメンタルケア相談室による精神衛生相談を希望する被害者への対応は不十分だとする報告もある」とクギを刺した。

 作業部会は来年6月に人権理事会に報告書を提出する予定。

 続いて同所で記者会見を行ったのは、「ジャニーズ性加害問題当事者の会」のメンバー7人。国連が発表した声明には「タレント数百人が性的搾取と虐待に巻き込まれるという深く憂慮すべき疑惑が明らかになった」と記載。数百名の根拠については明かされなかったが、数字だけ見れば、とんでもない規模となる。

 これを受け、同会副代表・石丸志門氏は「人類史上、最悪の性虐待事件がようやく明るみになった」。同会の発起人である二本樹顕理氏も「人類史に残る史上最強の性加害として、教訓として残していかないとならないと思う」と話した。

 一連の問題の影響でジャニーズ事務所の〝金看板〟に大きなキズがついた。所属タレントに罪はないものの、TVやCM各社はこれまでとは打って変わって起用に慎重になっている。

 こうした状況を誰よりも危惧していたのは喜多川氏の実姉で、21年8月に他界したメリー喜多川さん(享年93)だったという。事情を知る関係者の話。

「メリーさんは弟の〝性癖〟のことは当然知っていた。喜多川氏のタレント発掘能力、プロデュース能力は一目置いていたが、性的嗜好の部分では露骨に嫌な顔をしていた。いずれそれが災いとなりジャニーズ事務所に降りかかるのでないか、と危惧していた」

 娘でジャニーズ事務所現社長の藤島ジュリー景子氏は性加害について「知らなかった」と述べ、その信憑性に疑問が持たれている。

「メリーさんがジュリー氏に弟(喜多川氏)の〝裏の顔〟を見せないよう、遠ざけていたのは事実。かと言って、本当に『知らなかった』かどうかはわかりませんが…」(同)

 喜多川氏が亡くなって今年で4年。メリーさんの〝予言〟がまさか現実のものとなるとは…。騒動は一向に収まる気配がない。