ジャニー喜多川氏の性加害問題で揺れるジャニーズ事務所が7日、会見を開き、藤島ジュリー景子社長の辞任と東山紀之の社長就任を発表した。

東山新社長と頭を下げるジュリー氏
東山新社長と頭を下げるジュリー氏

 両者のアイサツ、説明の後、すぐに記者による質疑応答に突入した。今までの芸能関係の会見ならば、まずは〝意思疎通〟ができるワイドショーリポーターらが指名されるのが恒例となっているが、真っ先に指名されたのは「しんぶん赤旗」の記者だ。

「これから事務所として性加害だけではなくハラスメントを、事務所だけではなくエンターテインメント業界からなくしていく先頭に立っていく必要があると思います。そこでおうかがいしたいのは新社長になる東山さん。自身がこれまでハラスメントをした認識やまたはそのような指摘を受けたことがありますでしょうか」と質問した。

 社長就任するにあたっては、一部メディアで「東山自身もハラスメントをしていた」ととられかねない報道もあった。

 いきなりのドぎつい質問に東山は「直接指摘を受けたことはありません。ただ誤解を招くようなことはあったかもしれません」とやんわり肯定。

 続けて「そのことについては、記憶を考えてはおりますが、思い出せない点も多々あります。そういったことも含めてやはり、自分を律し、対話を続け、そういう問題が起きないように続けていく。それは使命なのかなと思います」と答えた。

 その後も東山に過去の〝ハラスメント疑惑〟に関する質問が飛んだが、東山は「(その当時は)ハラスメントとは思わなかった」などと答えた。

 それにしても赤旗の記者が一番目に指名されるとは、今までの芸能会見では異例のこと。いきなりジャニーズが変わったということを印象付けた。