実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が25日、自身の公式ユーチューブチャンネルを更新し、中古車販売大手「ビッグモーター」の不正請求問題について言及した。

「ビッグモーター」の兼重宏行社長はこの日、記者会見を行い、従業員の不正行為に経営陣は関与していないと説明した。

 この会見について堀江氏は「謝罪会見自体は非常に完璧なものでですね、自分は不正には関与してない。幹部も関与してない。勝手に部下がやったことだと。それに対して刑事告発も視野に入れてやってる」と指摘。

 ただ、その一方で「100人以上がやってる不正をですね、幹部が見抜けないなんて話はありえるはずもなく…。まあ、もしそうだったとしてもですね、僕がライブドア事件で捕まった時と同様ですね、『部下が勝手にやったこと』とか『分からない』とか言ってもですね、検察とかはね、そういうの聞いてくれないんで、僕はこれ、やぶへびになるんじゃないかなって気はしなくもないですね」と、自身の体験をもとに話した。

 堀江氏はさらに「捜査当局は、なんでこれを捜査しないのか? 東京地検特捜部なんて、まさにそのために存在してるんじゃないでしょうか?」と疑問を呈した。