作家でタレントの乙武洋匡氏が6日、ツイッターを更新。この日提供がスタートした、ツイッターに代わるサービスと期待されるコミュニケーションアプリ「Threads(スレッズ)」を登録したことを明かした。

 乙武氏は「Twitterに代わるサービスとして期待されてる『#Threads』、ひとまず登録してみたよ!」とリリースしたばかりのアプリを登録したことを報告した上で「ひとまず使い分けどうしようかなー。何かいいアイディアある??」と訴えかけた。

 その後、さっそくフォローがあり「あ、早速、古市憲寿さんがフォローしてくれた!うれしい!というわけで、私のフォロー1号は古市さんにさせていただきます」と投稿。社会学者の古市憲寿氏がフォローし、ツイッターで「Treadsでは炎上に巻き込まれませんように!」と記した。

 これを受け、乙武氏は「今年の七夕は、『Treadsでは炎上しませんように』と書こう」とつづっている。

 Threadsは米メタ(旧フェイスブック)が提供する、ツイッターに対抗する新サービスとして注目されている。