お笑いコンビ「チョコレートプラネット」長田庄平が、ダウンタウン松本人志を批評したオリエンタルラジオ・中田敦彦から連絡が来たことを明かした。

 チョコプラは5日、コンビのユーチューブチャンネルを更新。フジテレビ系「バイキング」をパロった「ベーキング」と題した架空番組で、長田はユーチューブ動画をめぐる中田との〝因縁〟を告白。中田の相方・藤森慎吾らとともに、中田の人間性を考察した。

 本編動画終了後、長田ひとりが画面の前に現れ、中田と松本のバトルに言及。「とりあえず、わたしくは中田敦彦は共演NGでやらせていただこうかなと思っております」「(中田が)だいぶ松本さんにも啖呵切ってましたけど、私は松本人志派でございます」などと語った。

 この動画がネットで大バズリ。これを受け、チョコプラは7日、コンビのユーチューブチャンネルを更新。反響の大きさに驚くとともに「中田氏から連絡ありました」(長田)と明かした。

 LINEでメッセージが届いたそうで、そこには「ベーキング見た。めっちゃおもしろかった。感謝」と書かれていたという。

 これを見た長田は「は?」とひと言。相方の松尾駿も「感謝してんだ。そうなんだ…」と戸惑いを隠せない。

 長田は「まぁ、いいですけど。どう捉えたかわからないんですけど」と素っ気なく語り「まだ言ってないこともありますよ」と別ネタも匂わせた。

 松尾も「もっとエグれたっていうのはある」と悔しそうな表情。この様子だと〝第二弾〟も期待できそうだ。