歌舞伎俳優・市川猿之助(47)が救急搬送され、両親が死亡した事件が急展開を見せている。19日、搬送先の病院を退院した猿之助が警察の聴取に「家族会議をした」と初証言。女性誌に掲載されたハラスメント記事をめぐっての会議とみられる。警察の司法解剖では父親の四代目市川段四郎(76)、母親(75)の死因が「向精神薬中毒の疑い」であることが判明。警察は猿之助が家族会議の末に一家心中を図ったとみて捜査しているが…。

 18日午前、猿之助と両親が共に倒れているのを、マネジャーが発見。猿之助の母親はその場で死亡が確認され、父親の段四郎さんは搬送先の病院で亡くなった。猿之助は半地下の部屋で首を吊ったとみられるが、命に別条はなかった。

 発見当時、2人は自宅2階リビングの床の上であおむけの状態で、布団がかけられていた。敷布団や枕はなく、誰かが布団をかけた可能性も考えられる。

 19日午前8時半からは両親の司法解剖が行われ、警視庁は両親の死因について向精神薬中毒とみられると発表した。両親は17~18日頃に亡くなったとみられる。

 当局によると、発見当時の両親の周りには吐しゃ物があり、口の中の状況から薬物を服用したとみられるという。猿之助も薬物を口にした痕跡があった。複数台のスマホが押収されたが、服用した薬の種類がわかるような物は見つからなかったという。

 家に荒らされた形跡はなく、第三者の関与はなしと断定。猿之助は19日中に搬送先の病院を退院し、警察の聴取を受けた。

「家族会議をした。死んで生まれ変わろうと家族で話し合い、両親が睡眠薬を飲んだ」

 猿之助はそう初証言した。18日発売の「女性セブン」では猿之助が弟子や劇場スタッフ、歌舞伎役者に対してハラスメントを行ったと報じられた。記事の中にはマイノリティーに関する記述もあった。

 状況から察するに、女性誌報道を受けて家族会議が行われたであろうと推察できる。

「猿之助さんは報道に大きなショックを受けていた。ジャニーズ事務所が創業者ジャニー喜多川さんの〝性加害報道〟で大変なことになったのを見て『自分はもう終わり』と思い詰めてしまっても不思議ではない。これに両親、とりわけ〝しっかり者〟と言われる母親がどう反応したか。どちらにせよ、家族会議で全員が悲観的になったことは間違いない」(関係者)

 警視庁は猿之助による一家心中を第一候補に捜査を進めていた。この日までに捜査の中心は警視庁目黒署から警視庁本庁へ。事件発生直後の初動捜査は通称「二機捜」と呼ばれる第二機動捜査隊が担い、その後、殺人などを扱う警視庁捜査一課が投入された。

「明らかに逮捕前提の動きだった」とはテレビ関係者。

 今後は会議で誰が〝死〟について切り出したか。死因となった薬物を誰が入手して、誰が飲ませたのか。それとも3人が自発的に飲んだのかがカギを握る。

「猿之助さんが薬物を用意して両親に飲ませたのならば、同意殺人罪に該当する可能性が高い。両親が自発的に薬物を飲んだ場合は自殺ほう助罪などに当たるかもしれない」(法曹関係者)

 華やかな歌舞伎界で起きた暗すぎるニュース。何とかならなかったのか…。

【相談窓口】
「#いのちSOS」
フリーダイヤル 0120-061-338
月・火・金 24時間
水・木・土・日 6~24時

「チャイルドライン」(18歳以下向け)
フリーダイヤル 0120-99-7777
毎日 16~21時

「こころのオンライン避難所」
https://jscp.or.jp/lp/selfcare/

梨園に激震!市川猿之助「聴取」へ 6月舞台共演の香川照之にも影響甚大 | 東スポWEB

歌舞伎俳優の市川猿之助(47)が18日、東京・目黒区の自宅で両親とともに倒れて病院に救急搬送さ...

www.tokyo-sports.co.jp
梨園に激震!市川猿之助「聴取」へ 6月舞台共演の香川照之にも影響甚大 | 東スポWEB