思わぬテロップにファンも騒然となった。日本が劇的サヨナラ勝利を果たした21日のWBC準々決勝・メキシコ戦(ローンデポ・パーク)の地上波中継中、緊迫した場面で流れた速報が話題となった。

 試合は村上が値千金の2点適時打でサヨナラ勝利を決めたが、その直前の無死一、二塁と緊迫した場面で突如速報の電子音が鳴り響いた。その内容は「岸田総理がウクライナを電撃訪問」だった。

 これにはファンの間でも「岸田のカットイン演出」、「ほんと間が悪い…」、「WBC中継のおかげで、岸田さんのウクライナ電撃訪問のニュースを全国民が知る事になるとは…」「狙ったんじゃね?」と大きな話題となっていた。