人気ナンバーワンコスプレイヤーのえなこ(28)が12日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、結婚説を否定した。

「結婚してるって勝手に勘違いしてる人が本当に多いんだけど」と切り出し、「私は漫画家と結婚したコスプレイヤーじゃないし今は誰とも結婚する予定はないです!」とキッパリ。「事実と違うこと言われるのはふつーに不快です」と悩みをつづった。

 文面からうっ積した感情が読み取れるが、気になるのは「漫画家と結婚したコスプレイヤーじゃない」とわざわざ触れた点だ。

 取材によれば、その人物は、コスプレイヤーとして活躍した御伽ねこむ(26)と判明。2016年6月に人気漫画家の藤島康介氏との結婚&妊娠を発表している。全盛期はレイヤー界で、えなこと肩を並べる人気を獲得。ファンが〝えなこ派〟〝ねこむ派〟に分かれ、ライバル視する構図もあった。

 ただ、ねこむは活動を続けた後、所属事務所を退所。公式SNSも閉鎖されたが、今も正式な引退発表はしていない。

「当時から、えなこを快く思ってないアンチはわざと『ねこむ』を持ち出し、ネット上にニセ情報を拡散したりしていた。今回もえなこの激怒ぶりから分かるように、おとしめようと意図的に拡散しているのは間違いない。〝結婚否定〟の騒ぎは昨日今日の話ではない」(業界関係者)

 なんとも迷惑な話だが、えなこ自身に全く結婚話がないかといえば、それも正しくはない。

 昨年7月に「文春オンライン」で、プロゲーマーのけんきとの同棲愛が発覚。えなこは交際宣言し、その堂々とした姿に多くのファンから称賛の声が上がった。

 2人に親しい関係者は取材に「破局説が流れた時期もあったものの、交際は順調。えなこさんは再来年1月の誕生日でえなこさんは30歳になります。結婚は〝29歳までには…〟と話しているようです」と語る。

 この証言が、インスタで「今は」と注釈付きで結婚を否定した理由なのかもしれない。