【人生の先輩に学んだ本当に役立つ裏技】今回は、日頃のプチストレスを解消する神業ライフハックを紹介します。ファスナーが引っかかってスムーズに開かない、50枚入りのゴミ袋を取り出すときに2枚取れてしまう…そんなイライラをなくしてくれる裏技のほか、おにぎりを1つずつ握らなくても一気に何個も作れちゃう時短技を教えます! ユーチューブでも話題の岩川鉄兵氏に〝やり方〟を解説してもらい、記者が実際に試してみました。

ファスナーの滑りを良くする

【やり方】ろうそくと使い終わった歯ブラシを用意します。歯ブラシでろうそくの表面をこすってブラシにろうを付けていきます。次に、開いた状態にしたファスナーにブラシをこすりろうを付着させていきます。この時にファスナーの表面、裏面、隙間などなるべく全体に付着させるイメージで何度もブラシにろうそくを付けてファスナーをこする作業を繰り返します。

しっかり塗るとスルスルいくようになります
しっかり塗るとスルスルいくようになります

【実践!】しっかり丁寧に、満遍なくろうそくを付けることで、カーブがついて開け閉めしにくかったファスナーもスムーズに動くようになりました! これは快感!

 バックパックのサイドポケットや内ポケットにファスナーがついたかばんってよくありますよね。ファスナーは両端がしっかり固定されていないと意外に開け閉めしにくかったりするんです。片手でスルッと開けたいのに開けられない! そんなストレスを一気に解決してくれる裏技です。

 

ポリ袋を1枚ずつ確実に取り出す

角を切ったらこんな感じで取り出すべし
角を切ったらこんな感じで取り出すべし


【やり方】50枚入りなどのポリ袋を用意します。多くの商品には袋の取り出し口の部分に切り込みがありますが今回はそこは開けません。代わりに、切り込みが入っている側にある角どちらか一つをハサミで斜めにカットし、ポリ袋の角が出てくるようにします。あとはそこから取り出すだけ。重なったポリ袋の内側から引っ張るようにして取り出します。

【実践!】ティッシュペーパーのような感じで1枚ずつ取り出せました! そもそも、切り取り線にそって取り出し口を開けるとき、失敗して袋が破けたりしてうまくいかないときもあったんですよね。で、取り出し口から引っ張ると2枚重なった状態で袋が出てくる…地味にストレスを感じていました。

 角をカットするこの方法なら取り出し口を作るのに失敗することもありませんし、小さなイライラから解放されるので試す価値はありますね。