元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(31)が本田翼似の婚約者と破局していた。へずまが彼女そっちのけで、伝説のユーチューバーに熱を上げ過ぎたのが原因だ。人気ユーチューバーのヒカキンや元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏らもかつて注目した伝説のユーチューバーが初めて取材に応じた。

 へずまは今年4月に同学年のしいちゃんとの婚約を発表。元迷惑系ユーチューバーに訪れた春は反感と嫉妬の嵐に包まれ、炎上騒動に発展していたが、2人は愛を育み、年末の結婚・挙式に向け、準備を進めていたところだった。

 ところが、「赤の他人をなんで私が面倒を見ないといけないの!」「別れてください」とへずまが、しいちゃんに三くだり半を突き付けられたのは今月のことだ。へずまが広島から連れてきて、面倒を見始めたユーチューバーが原因だった。

 その伝説のユーチューバーとは、syamu(シャム、本名・浜﨑順平=38)だ。広島出身で、2010年にニコニコ動画で配信者として、デビュー。ゲーム実況や商品レビューなどの内容で、全く芽が出ないまま、ユーチューブ黎明期の14年に引退。その後、なぜか動画がイジられ、本人のいないところで人気が出る謎の現象を生み、18年に復帰した。

 ユーチューブ登録者数は20万人超、ツイッター登録者数30万人を記録。「自分でもよく分からない。素の自分を出しているだけ」(シャム)と人気ぶりを見せつけるも翌年、実家をアンチに突撃される騒動があり、「家族に迷惑をかけたくない」と再び引退を余儀なくされていた。

 ヒカキンやひろゆき、シバターらも一目を置いた〝伝説の男〟シャムをへずまは3年ぶり、3度目の復活へ導いた。「自分がユーチューブを始めた時(19年)にシャムさんが引退して、才能あるのにもったいないと。本当は2年前にシャムさんに会って、復活させようとしていたが、魚の切り身を食べた件で自分が逮捕されて、遅れてしまった」(へずま)

 今年4月に会ってから、話し合いを進め、先月末に開設したユーチューブチャンネル「syamu三代目」は2週間足らずで登録者数は約5万人。最初に投稿したおにぎりを食べるだけの動画は約50万回再生を叩き出し、コアな人気は健在だった。

 へずまは「成功するのが分かっている。最初は裏方に徹して、シャムさんに自由にやってもらおうと思ったが、自分が絡んだ方が面白いということで手伝っています。年内に30万人くらい登録者数を増やし、ツイッターもフォロワー数10万人いける。シャムさんは今お金がないので、貯金してもらって、仕送りできるようになってもらいたいし、いろんなクリエイターを集めて、事務所を大きくしたい」とすっかりと敏腕プロデューサー気取りで、大きく夢を膨らませている。

 もともとへずまにアプローチしたのはシャムの方で、「最初はどうなのかなと思ったが、実際に会ったら、印象が変わった。人柄がいいし、分析力がある。一人でやることは無理だが、これからはチャレンジ精神でやってみたい。背中を押してくれたことは大きい」と再び表舞台に引き出してくれたへずまには感謝しているという。

 シャムは寂しがり屋で一人では行動できないタイプ。しいちゃんにシャムの炊事や洗濯などをすべて任せていたことで、へずまは愛想を尽かされたワケだが、未練はたっぷりだ。

「シャムさんに夢中になり過ぎて、奥さんの相手もできなかったし、面倒を見てもらって、つらかったと思う。今になってありがたみがすごく分かっている」とヨリを戻したいというが、LINEで送った謝罪のメッセージはいまだ既読になることはないという――。