羽生結弦、高木菜那…北京五輪の「氷」に2つの疑惑=韓国&英国メディア報道

2022年02月16日 18時06分

高木菜那(右)が転倒する悲劇が起きた(東スポWeb)
高木菜那(右)が転倒する悲劇が起きた(東スポWeb)

 北京五輪で使用されているスケートリンクの「氷」について、様ざまな疑念が生じている。

 まず疑惑の目が向けられたのが、フィギュアスケートとショートトラックで使用されている首都体育館のリンクだ。

 韓国メディア「シビックニュース」は「氷の質がめちゃくちゃで引っかかったり、滑りやすくて転倒しやすい。氷質不良の原因としては同じ競技場でフィギュア、ショートトラックが行われている中で、競技によって温度を変える過程で問題が起きているのでは」と指摘する。

 両競技を同じ会場で併用することはこれまでの五輪でも行われてきたが、その時に重要なのが温度変化における管理体制。フィギュアはジャンプやスピンをしなければならないため、滑らかで柔らかめのリンクに仕上げるが、ショートトラックではスピードを上げるためにリンクを硬くする。そのためフィギュアは氷の厚さが約5センチで温度がマイナス3~4度、ショートトラックは厚さが約3センチで温度がマイナス7度でリンクを製造する。

 競技間でリンクの仕様を変更する際には冷凍システムをフル稼働させるが、韓国選手団からこのプロセスに問題が発生したとの指摘が出ている。チェ・ヨング代表チーム支援団長は、氷の質が悪い理由として「中国の氷質管理能力が不足している」と批判したのだ。

 そして、日本が〝北京の悲劇〟で銀メダルに終わった女子団体追い抜きやスピードスケート各種目などが行われた国家スピードスケート館にも重大疑惑が浮上している。

 男子5000メートルと1万メートルで2冠を達成したニルス・ファンデルプール(スウェーデン)が、メダリスト会見で明かしたところによると、オランダ代表チームと関係のある科学者のサンダーバン・ギンケル氏が、国家スピードスケート館のリンク製造責任者であるマーク・メッサー氏とともに会場のリンクをチェックしていたと暴露した。強豪国オランダの関係者とリンク製造責任者のツーショットは臆測を呼ぶ組み合わせだ。

 英スポーツ専門放送局「ユーロスポーツ」によると、ファンデルプールはこの点を追及して「フェアプレーをしなければならない。非倫理的な方法で状況を有利にしようとしたオランダは、なぜこのようなことを放置するのか理解できない」と猛批判。オランダ選手の体型や特徴などに合わせたリンクづくりをしていたとの疑念を持っているという。

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)など日本勢にも影響が出ていた可能性があるだけに、両会場でのリンク問題は今後物議を醸しそうだ。

関連タグ: