【参院選】前回〝放送事故〟のNHK「日曜討論」に立花党首登場も安全運転に徹した理由

2022年07月03日 11時17分

立花孝志氏(東スポWeb)
立花孝志氏(東スポWeb)

 NHKの「日曜討論」が3日放送され、参院選(10日投開票)の最終盤で、国政政党9党のトップが出演し、安全保障や物価高対策などをテーマに論議が交わされた。

 同番組では前回、NHK党の黒川敦彦幹事長がガーシーこと東谷義和氏や綾野剛の名前を挙げ、司会者から「テーマ外の発言は控えてください」と注意されるも話を続ければ、安倍晋三元首相を風刺する歌をうたい、他党幹部から「ルールを守れない猛批判されていた。

 この日は立花氏の出演で、再び不規則発言が飛び出すのではないかとスタジオやお茶の間は緊張に包まれたが、立花氏は脱線することなく、テーマに沿った話に徹した。

 立花氏は前日の街頭演説で「黒川君みたいなことはしません。(NHKの)上層部がめっちゃ怒ってた(笑い)」と話しており、NHK側から「前回みたいなことがないよう」とお願いされていたという。

 今回は〝安全運転モード〟に終始。参院選期間中の日曜討論は荒れに荒れていたが、久々に穏やかな日曜の朝が訪れた。

【関連記事】

関連タグ: