ガーシーが本気で参院選出馬を検討「政治家になれば影響力が格段に上がる」

2022年05月16日 18時40分

東谷氏にラブコールを送り続けるNHK党の立花孝志党首(東スポWeb)
東谷氏にラブコールを送り続けるNHK党の立花孝志党首(東スポWeb)

〝暴露系ユーチューバー〟のガーシーこと東谷義和氏(50)が6月22日公示、7月10日投開票が想定される参院選に出馬する可能性が出てきた。

 東谷氏は15日、ツイッターで「選挙に出るのはあり? なし?」のアンケートを募集。自身のユーチューブ公式チャンネルでは、参院選への揺れる心境を明かした。

 東谷氏は「選挙に出る、出ないは0―100だったのが、現状は出ない8割、出る2割。心が揺れた」と打ち明けた。既にNHK党の立花孝志党首との間で、参院選の政見放送にVTRで出演する契約をかわしているが、ここにきて、立花氏は東谷氏を出馬させようと連日、ラブコールを送り続けている。

 東谷氏は「選挙というものに興味を持った一つの理由は影響力。絶大なる力を持たないと勝てない。どこまでいってもアンダーグラウンドで、マスコミも全く動かない」と話す。ユーチューブのチャンネル登録者数は開設から3か月たっていない中で、120万人を超えるモンスターチャンネルとなっているが、「政治家になって得るパワー、影響力、防御力が格段に上がるのかな」と政治家の肩書に食指が動いたわけだ。

 また立花氏は国会議員になれば、不逮捕特権があるため、日本に帰国できるメリットも説いている。東谷氏はBTS詐欺が事件化する可能性がある中で、国会議員になれば、国会会期中に逮捕されることはないというものだ。

 東谷氏は13日の配信で、中東のカタールにいることを明かしている。今後も居場所を転々とするとしており、逃避行は続くとあって、日本が恋しくなっていることも隠していない。
 
 もっとも国会議員が会期中に逮捕されるケースはいくらでもある。東谷氏は「理由が理由なら逮捕される。ちょっとや、そっとのことで逮捕されないのはわかるが、100%ではない」と今後、弁護士と協議し、身の安全が担保されるかを確認したいという。
 
 NHK党としても東谷氏を擁立できれば、比例で1議席を獲得できる可能性が高まってくる。

 立花氏は「ガーシーにはゼロリスク、ハイリターンしかない。我々もメリットがある。国会議員を1人出せるし、政党助成金が入ってくる。とにかくウイン、ウイン」と熱は上がる一方で、今週中にも交渉の場が持たれる予定だ。

関連タグ: