【小倉競輪・ガールズ】〝8番目の女〟尾崎睦が反撃のノロシを上げる!

2021年03月31日 22時18分

尾崎睦(右)の鋭い視線の先には優勝の二文字しか見えていない

 小倉ミッドナイト競輪(FⅡ)は、年度変わりの1日に開幕する。今節はA級1、2班戦のトーナメントに加えてガールズケイリンも開催。尾崎睦(35=神奈川)の追加参戦となり、濃厚なメンバーとなった。

 もう〝8番目の女〟は御免だ。昨年11月の当地「ガールズグランプリトライアル」で同県の佐藤水菜(22=神奈川)が優勝したことで地元・平塚「ガールズグランプリ」出場を土壇場で逃して涙をのんだと思えば、3月の松阪「ガールズケイリンコレクション」で、またしても補欠の座に甘んじてしまった。

「(出場選手の)水菜より私の方が早く松阪競輪場に着いてたんですよ。しかも、予備だったから追加も来なかったし…。今回で、うっ憤を晴らします!」と、戦前から鼻息は荒い。

 2月があっせんしない処置となったため「まとまって練習はできた」が、復帰後は「あんまり良くなかった」のは「レース勘の部分がちょっと…という感じだったし、やっぱり実戦を走らなきゃダメ」と原因は明白で、復帰3場所目となれば感覚も取り戻しているはずだ。

 1か月のブランクが響いて賞金レースでは大きく後れを取っているだけに、ここで優勝して賞金を上積みするのは至上命題になる。

関連タグ: