【RIZIN】初参戦の中村が必殺の腕十字で勝利「プロレスリング・ノア、杉浦軍の中村大介です!!!」

2021年10月24日 16時59分

ギブアップを奪いガッツポーズの中村大介(東スポWeb)
ギブアップを奪いガッツポーズの中村大介(東スポWeb)

 格闘技イベント「RIZIN.31」(24日、神奈川・ぴあアリーナMM)で、杉浦貴率いる「杉浦軍」の中村大介(41)が新居すぐるに必殺の腕十字固めで完勝した。

 ゴングからガードを下げた構えの中村は、打撃の攻防でもパンチを顔面にあて、ローキックをヒットさせるなど有利に進める。パンチを打ちながら突進してくる相手に尻もちをつかされる場面もあったが冷静に対処。うまく立ち上がると、その後スタンドの攻防から相手がひざを付いたところに後ろから絡みつき、巧みに腕を取って腕十字固めでギブアップを奪った。

 UWFを愛するプロレスラーは、試合後、わざわざレガースを装着してからマイクを持つと「プロレスリング・ノア、杉浦軍の中村大介です」とあいさつ。そして「こんな大きい舞台に出させていただいてありがとうございます!」と叫ぶ。さらに試合前に対戦相手から「ブリーフ」と言われたコスチュームを見て「これはブリーフじゃなくて、ショートタイツです。この格好でプロレスやってます。よろしくお願いします」と叫び拍手を浴びた。

 盛り上がるRIZINフェザー級戦線で、松坂世代のU系プロレスラーが台風の目となりそうだ。

関連タグ:

ピックアップ