【RIZIN】朝倉未来が意地の判定勝利「ユーチューブ登録してください」

2019年12月31日 22時11分

ジョン・マカパ(左)の顔面にパンチを叩き込む朝倉未来

 格闘技イベント「RIZIN.20」(31日、さいたまスーパーアリーナ)で行われた「ベラトール×RIZIN対抗戦」の大将戦で、朝倉未来(27)がジョン・マカパ(33=ブラジル)に判定3―0で勝利した。

 対抗戦は29日の「ベラトールMMA ジャパン」で3試合が行われ、RIZIN軍が1勝2敗と負け越し。さらにこの日の第5試合で行われた副将戦で元谷友貴(30)もパトリック・ミックス(26=米国)に敗れ、負け越しが決まっていた。

 意地を見せたいRIZIN軍大将・未来は得意の打撃で攻め込んだ。1Rは鋭いミドルキックやローキックをヒットさせることに成功。中盤には飛びヒザ蹴りを放ち観客を沸かせると、2Rは圧力をかけつつ的確にパンチを顔面にヒットさせ、マカパをグラつかせる場面もあった。

 最終3Rは開始早々グラウンドに引き込みたい相手に組みつかれたが、耐え切って持ち込ませず。スタンドの攻防で固い拳を何発も顔面にヒットさせた。最後に仕留めることはできなかったものの、判定で勝利して「結構いいのが入ったと思ったんですけど、頑丈でしたね、相手が。(それでも)勝ったんで、良かったんじゃないですか」と笑顔。さらにファンにメッセージを求められ「大みそかに格闘技を見てくれてありがとうございます。来年からも頑張りましょう! あと、ユーチューブ登録してください」とユーチューバーとして活躍する二刀流ファイターらしく、しっかり宣伝した。