【RIZIN】朝倉未来 メインの重圧なし「勝つことより面白い試合を」

2019年07月16日 12時45分

公開練習を行った朝倉未来

 格闘技イベント「RIZIN.17」(28日、さいたまスーパーアリーナ)で矢地祐介(29)と対戦する朝倉未来(27)が16日、都内で練習を公開した。

 多くのファンクラブ会員に凝視される中、パンチのミット打ちで順調な仕上がりを見せ「特別な練習は取り入れてない。相手の癖に合わせる研究はしているけど、いつも通り」と平常を強調した。

 昨年8月のRIZIN初参戦から4連勝。約1年でメインの試合を任された。「ここまで早いとは想定してなかった。勝つことよりも面白い試合をすることに重きを置いている」とメインの重圧はない。

 相手の矢地は2連敗中だが、「彼は失うものはない。僕は連勝中なので失うものも大きい。でも矢地選手も弱い選手ではない。日本の中でもトップ選手。勝てば自分の強さを再確認できる」と敬意を表した。

 矢地に体重を合わせて70キロに階級を上げての激突となる。現時点での体重は「非公開」としたが「ちょっとでかくなったと思いません?」と逆質問した。

 ユーチューバーとしても活躍している朝倉は前日の15日は27歳の誕生日だった。「忙しくて何もしてない」という。自らに勝利をプレゼントとなるか。